カードローンなら無理なく返済が出来ます。

お金が手元になくても、急な用事などでお金が必要になる場面というのはあるものです。そんなピンチでもカードローンやキャッシングが使えれば、ピンチを乗り越えることも可能です。

このカードローンとキャッシング、何が違うかと言うとその返済方法が違います。キャッシングは原則として翌月一括返済、カードローンは複数回にわけて返済します。

パッと金利のみを比べた場合、キャッシングのほうが金利が高く見えるのですが返済回数が違ってくるため単純には比べられません。

キャッシングを利用するのは少額を借りて翌月返すのが基本です。大きな額になると返済がとても大変だからです。カードローンは分割での返済が出来ますのである程度まとまった額でも無理なく返済することが可能です。

会社によってマチマチではありますが、月々数千円から返済可能です。ただ、返済回数が増えれば増えるほど利息も積もり積もっていくことになります。少額の借入れの場合は利息もわずかですので、回数が多くなっても大きな負担にはなりずらくなります。つまり、キャッシングは少額をパッと借りてすぐに返済してしまいたい方に。カードローンは少額からまとまった額まで、無理なく返済したい方に向いています。

みなさんはどちらを選ばれますか?

お金を借りるのに抵抗が有る人へ

人生で多くはないかも知れませんが、お金に困ってしまい追い詰められることはあるはずです。その際は、いろいろと対処法があると思います。しかし、知人などに頭を下げてお金を借りるのは、流石に抵抗があるはずです。それ以外でも、キャッシングなどにも、抵抗を持っている人も少なからずいるでしょう。

そんな人におススメなのが、カードローンです。このサービスは、お金を借りるのに抵抗が有る人でも簡単に使えます。お金を借りるのに抵抗がある人は、テレビなどの報道番組の影響を受けていることが多いです。実際テレビなどが特集する、悪徳業者は零細業者でごく一部の話です。

そのため、大手銀行などが経営しているカードローンはまず安全と言えます。それから、カードローンはカードをATMにセットして操作するだけで使えます。つまり、いかにもお金を借りているという気がしません。どちらかと言えば、キャッシュカードでお金を引き落としているのに似ています。

他にもATMを操作して借り入れを行うので、近所の人の目を気にすることなく利用できるのもありがたいです。これらのように、カードローンを使えば、お金を借りるのに抵抗が有る人でも、どんどん使えると思います。

しっかりした返済計画でカードローンを利用する

通常、金融機関でお金を借りる場合はその店舗に赴き申込書を作成し、その他に提出書類が必要で審査にも時間を要します。
しかし、カードローンであれば店舗に赴くことなく、WEBで申し込みが出来、審査もスムーズで融資もその日に実行されます。

カードローンを扱う金融機関には銀行、信販会社、消費者金融などがあります。このうち信販会社と消費者金融は貸金業法により総量規制が適用され、カードローンの融資額は年収の1/3までになっています。
総量規制の対象は個人向け貸付なので個人の事業用に使うのであれば対象外になります。
総量規制の対象であれば収入が分かる書類が必要になります。

消費者金融の場合は審査も特にスムーズで融資も速いのが大きな特徴です。しかし、金利は銀行などに比べて高くなります。
信販会社はクレジットカードのキャッシング枠を使っての融資になりますからこれもスムーズに受けられますが銀行に比べれば金利は高くなります。

銀行は貸金業者ではなく貸金業法の適用を受けませんから総量規制の対象外です。
銀行のカードローンは信用性が高いので安心して使用する事が出来ます。審査には時間がかかりますが金利は貸金業者に比べて安いので負担が軽くて済みます。

どのカードローンを利用するにしても大事な事は返済計画をしっかりたてる事です。リボルビングを利用しての返済は簡単に出来るようですがいつも気を付けていないと返済が滞ってしまいます。
繰り返すと次にカードローンを利用するのに大変不利になります。

カードローンの限度額

カードローン限度額は銀行系大手であれば300万円~500万円、銀行カードローンであれば500万円以上になっている場合が多いです。

しかし、最低金利と同様、限度額も最高額を新規契約で借りることはかなり厳しいと言えます。今のカードローンはほとんどの場合が保証人不要となっており、銀行カードローンについては保証会社の保証が受けられれば 保証人は基本的に必要ありません。

新規契約で取引実績も信用もない状態で最高限度額を融資する会社はあまりありません。但し、複数借入のおまとめローンや、借り換えローンについてはある程度の金額まで融資を受けられる可能性 があります。おまとめローンはあくまで、借入しているローンをまとめる目的で融資することから、使途自由のフリーローンとは異なります。

また2010年6月18日より総量規制が導入されており、消費者金融・クレジット会社キャッシング・信販キャッシングは原則年収の3分の1以上の貸付は禁止となりました。 仮に年収300万円だった場合、貸金業者からの借入は3分の1の100万円迄となります。カードローンの限度額を大きく借りたいと思っても、総量規制の制約がある為希望の限度額は法律によって禁止される場合があるのです。

掛け捨ての生命保険が失効していまい、保険復活の為にカードローンでお金を借りました。

私の父の話なのですが、母が脳梗塞になって入院してしまい、今まで家計の管理は全て母に任せきりだった為、毎月の生命保険の保険料の支払いに関しても父は把握できて無かったのです。

父の貯蓄や年金が振り込まれる銀行口座とは、別の銀行口座から毎月の生命保険料の引き落としがされていたようですが、銀行のキャッシュカードでお金の下ろし方も解らなかった父は、銀行の窓口でお金を下ろす事で精いっぱいで、他の支払いに関しては把握する事も出来ず、公共料金の支払いに関しても葉書きや、集金に訪問があってから気が付いて支払いをするような生活を半年程していたようです。

私も結婚後、実家までは新幹線で3時間以上掛かる場所に住んでいた為、母が倒れた後1週間程度は、実家に戻り父の身の回りの世話をしましたが、それ以上は仕事を休む事が出来ず、長期滞在も出来なかったのです。

その年の年末に実家に帰宅したところ、茶の間にあった山積みの請求書や明細を片付けている中で、生命保険の毎月の保険料を支払っていない事が解り、半年程前に失効していた事が解りました。
私は焦って父の隣に立ち、保険会社に電話をして保険復活に関する書類を送って貰う事にしました。
年末年始は10日程度滞在予定でしたので、保険会社からの手紙がその間に届けば、その場で説明しながら父に書類を記入して貰おうと思って居たところ、帰宅予定の前日に保険会社から書類が届き、無事に記入を済ませる事が出来ました。

その後、無事に生命保険の復活をする事が出来ましたが、滞納していた保険料は18万円で父が一括で支払う事が難しかったのです。

私の家も、家計に余裕が無く父の代わりに18万円を支払う事が難しかった為、以前「お金に困ったら使おう」と申込みしていた銀行のカードローンで18万円を借り入れて、父の生命保険料を一括で支払う事が出来ました。

いざという時の為に、財布の中にカードローンのカードを入れておくと安心ですね。

事業主専用のカードローンで評判の会社は?

個人事業主が、新たな事業を始めるための資金を集めるのに、最近よく利用される手段の1つにカードローンがあります。

カードローンは、サラリーマンや主婦など個人用として生活費の捻出のために借りられる事が多いですが、事業資金としても貸し付けている会社は存在します。

その代表的な例が、個人事業主専用のカードローンである(オリックスクラブカード)です。
低金利且つ多額融資が評判のオリックス銀行カードローンは有名ですが、(オリックスクラブカード)は厳重なる審査のもとに最大500万円までの融資が可能です。

ただ個人用カードローンと比較すると、金利は若干高めになりますが、50万円、100万円、200万円コースと、100万円単位での契約額の設定が自由にできます。

また、使用用途も事業用に限定されず、自由な使い道ができます。
そして、借入・返済手続きも24時間365日何時でもインターネットやモバイルからでき、ジャパンネット銀行口座を登録した場合は、平日や土日関係なしに即時融資が可能です。

審査結果が出るまでに掛かる時間は約1~2日位で、新規契約する際に提出が求められるのは、身分証明書の他に所得税の確定申告書です。

まさに(オリックスクラブカード)は、商売において急なピンチやチャンスが来ても、万全に備える事ができる有能なカードローンである事は間違いないでしょう。